この 日常は


たくさんの 色彩 にあふれています。






image








自分のことを客観的に知る。

気づいていない傷みを見つけて、癒す。

色の持つパワーや意味から

己を紐解く時間。




カラーセラピーサロン Ruhefarbe (ルーエファルベ)


屋号を看板にした切り絵をオーダーいただきました。





image






“ Ruhefarbe ”とはドイツ語で “ 憩いの色 ” 。

(セラピストの のぞみさんはドイツ語圏のスイスで暮らしていた経歴があります。)

屋号を囲む楕円はドイツの伝統柄。




右下に刻してある seit 2015 もドイツ語です。

(since 2015 …という意味)





image







のぞみさんはハーブやアロマにも取り組んでおられます。




生命力あふれるハーブ

きらめく水の流れ

木漏れ日の中にある憩いの場




そんなイメージでつくりました。






切り絵の中のハーブは、それぞれに花言葉を持っています。



ユーカリ ・・・記念、思い出、新生

オリーブ ・・・平和

バジル ・・・良い望み、なんという幸運

タイム ・・・勇気

セージ ・・・家族愛

オレガノ ・・・苦痛を除く

コリアンダー ・・・隠れた長所






image






カラーボトルが映える白の切り絵。





サロン Ruhefarbe に 沢山のご縁と幸福が訪れますように∞


そして、のぞみさんのカラーセラピーとご縁あった皆さまが、


素晴らしい気づき

癒し

愛 を、


受けとられますように…^^






image



Ruhefarbe

http://blog.livedoor.jp/ruhefarbe/










お姉さまから、ご結婚なさる妹さまへ贈り物。

ウェルカムボードをオーダーいただきました。





image






お式当日は日本建築で和装とのこと。

和風でシンプル、寿と水引を入れて、日付は漢字で、というご依頼。

主役は花嫁さん、ということで、

妹さまのご意見を1番に尊重されていたお姉さまの姿勢が印象的でした。





image






寿の文字は扇の中に。

扇の線は福づくしで形取りました。

日本古来からの縁起物、そして和柄です。





image






扇の両隣りには唐草模様。

水引は永遠に続く縁起結びです。





image






右下には七宝。

永遠をあらわし、縁起良しとされる和柄です。

左下には日付。

11月の漢字表記である霜月はご依頼主さまのこだわりです。



美しく知的なイメージの花嫁さまに合う、

シンプルながら存在感のある作品となりました。





image






式場の玄関先、1番にゲストをお迎えする場所に飾ってくださいました。





image






木漏れ日を映してきれいです。

かわいい金魚は式場の方のご配慮でしょうか^^

お式の間は室内でずっと飾ってくださっていたようです。(うれしかったです!)




このウェルカムボードにこめたとおり、

いつまでも福多く、幸せな結婚生活となりますように。

ご結婚、おめでとうございます∞

















お世話になった感謝の気持ちとして、

お相手の“好きなもの”を詰め込んだ切り絵をオーダーいただきました。





JAZZ、パーカッション、珈琲、

そして本が大好きだという方に。

栞タイプの切り絵です。






image







お世話になった日が中秋の名月だったそう。

満月の夜空をイメージして、

JAZZの名曲 fly me to the moon の出だし部分を刻しました。

コーヒーカップは tea for two と掛けて、、、

これもスタンダードJAZZのタイトルです。


そしてスネアとシンバル、ドラムスティック。

ウッドベースとピアノ。

ご自身も演奏されるというパーカッションも入れてあります。






image







良きご縁に恵まれると、

自然と感謝したくなるものですよね…!

切り絵を通してご縁のお裾分けをいただいているようで、嬉しくなります。^ ^

素敵なオーダーありがとうございました∞

















↑このページのトップヘ